大人になっても使える!学習机の選び方

長く使える学習机を選ぶには

学習机を買うならいつ?

学習机を購入する時期はご家庭によって様々だと思います。
小学校入学時にランドセルと同時期に買い揃えるご家庭もあれば、中学校入学時に購入を考えるご家庭もあるでしょう。
どの時期に購入するにしても、学習机は決して安い買い物ではありませんので、出来れば長く使ってほしいと思われる親御さんがほとんどではないでしょうか。
長く使うことを考えると、天板のサイズは慎重に選ぶ必要があります。
高校生くらいになっても使える120センチ幅くらいの大きさが理想ですが、小学1年生にはまだ大きいですし、机の高さも気になるところですよね。
しかし、机の高さが調整できる机や、同じシリーズでワゴンや棚を付け加えることが出来る学習机もあるので、長く使うのであればそういった物を選ばれると良いと思います。
そしてシンプルさで選ぶのであれば、無垢素材のものが良いのではないでしょうか。
木の自然な感じは目にも体にも優しく、長く使えば使うほど、味が出てきて深みが増すので愛着も湧いてくると思います。
さらにそうした無垢素材の机はリビングに置いても違和感がないので、リビング学習にも向いています。
小学校入学と同時に子供部屋に学習机を置くか置かないか、迷われているご家庭でも、こうしたどちらにでも置けるタイプであれば、お子さんの状態に合わせて使うことが出来るのではないでしょうか。
しかし小学生低学年には少しシンプル過ぎないか、と思われるのであれば、キャラクターの学習シートやクッションなど、オプションを充実させるとお子さんも楽しく勉強できるのではないかと思います。
オプションであれば成長に合わせて取り外しも可能なので、長く使えるのではないでしょうか。

長く使うならシンプルなものが一番

学習机を購入するなら、どの時期が良いでしょうか? 大抵のご家庭では小学校入学時にご購入を考えるのではないかと思います。 一昔前であれば、学習机にもシーズンオフというものがあったので、安く購入するのであればその時期が狙い目でしたが、今はそういう時期はないようです。

子ども部屋かリビングか

学習机を購入する前に、どこに置くのかで悩むご家庭も少なくないと思います。 特に小学生低学年のうちは、まだ1人で勉強するのも難しいので、結局親御さんの目の届くところで宿題などさせたほうが効率的です。 大抵は、子ども部屋リビングかで悩まれるのではないでしょうか。

なるべく安く手に入れるのであれば手作り机がお勧め

各ご家庭により、学習机を置けるスペースや購入予算も違うと思います。 学習机よりも習い事など他のことにお金をかけたいというご家庭も多いのではないでしょうか。 そういった場合、なるべく安く、普段の生活が過ごしやすくなるような机を手作りするというのも1つの手段です。

ページTOPへ